メインイメージ

妊娠中の青汁が胎児へ及ぼす影響は?

青汁は子供から大人まで老若男女に関わらず幅広い年齢層の健康維持や栄養補助に役立つ健康食品です。

工夫次第で子供でも飲みやすくすることもできますし、手軽にビタミンやミネラルを補給できるものとして重宝するものです。
妊娠中や授乳期に必要な葉酸もたっぷりと含まれている青汁は妊娠中に飲んでも大丈夫なものといわれています。

ただし胎児妊娠中や授乳中には食事には特に気を遣うものですから妊娠中のプレママが青汁を飲むときには選び方や飲み方には少し慎重さが必要です。

青汁はいろいろなメーカーのものがあり、なおかつ液体タイプ、錠剤タイプ、粉末タイプの3つのタイプに分けられます。
葉酸自体は加熱処理に弱いことから葉酸摂取を効率よくする目的で青汁を選ぶのならば、非加熱製法のものを選ぶようにすることです。
その他チェックすべきポイントとしてはカフェインを含まないものを選ぶこと、甘味料が添加されていないものか、ごく少量に抑えられているものを選ぶこと、原材料の品質や製造過程、品質管理が納得できるものを選ぶこと、添加物や農薬フリーのものを選ぶことなどです。

妊娠中はちょっと神経質かな、というくらいに自分の口に入るものには厳重にチェックをすることをおすすめします。
ママの摂取したものは有効な栄養分であろうと人体にとっては有毒なものであろうと胎児へ影響を及ぼします。
特に農薬や添加物には注意が必要ですので、値段の安さ優先で飛びつかずに、内容もしっかり吟味するようにしましょう。

トップに戻る