メインイメージ

最も効果的な青汁の飲み方

今ではすっかり健康食品、美容食品としておなじみになった青汁ですが、毎日の習慣として飲み続けている人も多い事でしょう。

さて、青汁には、様々な飲み方がありますが、どのような飲み方がより効果的なのでしょうか。
最近では青汁ソーダのように、炭酸水で割る飲み方や、果汁と組み合わせた青汁ジュースなどがありますが、栄養のレベルではいまいちといえるでしょう。
そこでおすすめなのが、牛乳でわる青汁ミルクです。

牛乳は、栄養豊富で、ルシウムや、タンパク質、炭水化物、ミネラル、ビタミンなど、多種にわたる栄養成分がギュッと詰まった優れものの飲料です。
その牛乳に青汁をミックスすることで栄養価の非常に高い青汁ミルクの出来上がりです。

つくり方は青汁を牛乳で割るだけなので、特別手のかかることはありません。
また、気になる味ですが、抹茶ミルクのような、まろやかでミルク風味のふんわりとした味わいになり、小さなお子様にも飲みやく、非常におすすめです。
牛乳に含まれるカルシウムも、青汁に含まれるカルシウムも実に豊富であり、この二つを組み合わせることでさらに、多くのカルシウムを摂ることができます。

現代人はカルシウム不足が懸念されていますので、少しでも多くのカルシウムを摂取できるように、普段から心がけることが大切でしょう。
特に成長期のお子様には、不可欠な栄養素であるので、できるだけ多く摂取できるように、注意してあげましょう。
また、冬や体調の優れないときなどは、ホットミルクで割るのもおすすめです。

トップに戻る