メインイメージ

非加熱製法でできた青汁のほうが栄養を丸ごと摂取できる

健康維持やイキイキとした活力ある毎日を送るために必要な栄養素が手軽にとれることで人気の高い青汁ですがドリンクタイプ、粉末タイプ、冷凍タイプと色々な商品があります。
どれも手軽に毎日続けることができるものですが、ではどの青汁を選ぶのがよりコストパフォーマンスが高いのか、と悩む人も多いのも事実。

原材料や製法、効果にもこだわって選びたいものですね。
青汁を選ぶときのポイントは「非加熱製法」によって製造されているのかどうかです。

青汁で摂取できる栄養素は主にビタミン類やミネラルです。
緑黄色野菜から摂ることのできるビタミンには熱に弱いものが多く、製品化の過程で加熱処理していると熱によってビタミンは破壊されてしまい、元々豊富に含まれている栄養素が実際にはほとんど残らないということになってしまうのです。

日本の食品衛生に関する基準は非常に高く、また品質管理においても世界トップクラスの基準を設けています。
そのような側面から、スーパーやドラックストアなどの量販店で手軽に安価で手に入れることのできる青汁製品は利便性の高いものでかつ高いレベルで徹底した品質管理のもとで製品化されているものです。

そのような製品には加熱処理が加わっているとかんがえてよいでしょう。
加熱処理自体は大変効率よく悪いものではありません。
しかしながら青汁に期待する効果を効率よく摂取するならば、非加熱製法にこだわっている青汁を選ぶ必要があるのです。

トップに戻る