メインイメージ

青汁と緑汁のどちらが良い?

健康食品として、飲料や食品などあらゆる用途に幅広く使われるようになった「青汁」ですが、
最近はその青汁に対抗すべく、まったく新しい青汁が登場しています。

その名も「緑汁」。なぜ青ではなく緑なのかというと、
使用している素材「ユーグレナ」が緑色をしているからに由来しています。
ユーグレナとは日本名で「ミドリムシ」の意。
ミドリムシというと、いかにも水中に棲む微生物のように思われがちですが、
実際はコンブやワカメなどと大差のない藻類で、自ら日光を浴びて光合成を行うことができます。

ユーグレナには、普通の野菜や根菜類にみられる細胞壁がありません。
細胞壁をもった食品を摂取すると、壁が邪魔をして栄養を効率よく吸収することができないため、
たくさん食べても効果が薄いという問題があります。

その点、ユーグレナは細胞壁がないため栄養素をそのまま吸収することができるので、
野菜で出来ている青汁よりもずっと早い段階で効果が期待できると言われています。
こちら、青汁0.comでは、気になる情報がたくさん掲載されています。

青汁と緑汁では、色はもちろんですがまず素材が大きく違います。
もちろんどちらが良い・優れているという基準はなく、要は飲みやすい方を選ぶことが大切。

青汁の中にも海藻やフルーツなど野菜以外の素材をミックスさせたタイプもありますし、
ユーグレナは青汁に比べて苦みがないのでとても飲みやすいというメリットがあります。

もちろんデメリットについても同じです。
青汁は苦くて青くさい味というイメージがあり、
どんなに身体に良いと言われているケールや大麦若葉でも直接口に入れるのは苦手という人は多くいます。
ユーグレナについては、
苦くはないかわりに「ミドリムシ」を口に入れるのに抵抗がある方が多いのではないでしょうか。

また、野菜の方が素材として信頼できるし安心感があるという意見もあると思います。

青汁と緑汁のどちらが良いか迷う方は、
まずそれぞれの特徴やメリット・デメリットをしっかりと見極めたうえで、購入を検討されると良いでしょう。
他にも色々なサイトを参考にすることができます。
青汁の効果について説明されているサイトや、
効果の比較のサイトは参考になりますね。
他にも良いサイトを見つけたら紹介していきますね。
青汁には薄毛に効果もあり、その効果をさらに高めるには育毛シャンプーなどが必要になります。
ということで、こちらに 育毛シャンプーの役割や男女別人気育毛シャンプーや育毛剤ランキングのサイトを貼っておきますのでご覧ください。

トップに戻る