メインイメージ

「ヨモギ青汁」

青汁が発売されたばかりの頃、「まずい!もう一杯!」というフレーズのCMが日本中で注目を集めました。
実際、発売された当初は青くさく苦いケールの風味が主流で、
それでも健康的な生活を意識した人々は根気よく飲み続けたものでした。

青汁イコール「まずい」というネガティブなイメージが広く浸透してしまったおかげか、
今でも「苦そうだから飲みたくない」「色が毒々しい」「緑色の飲み物はちょっと…」
などというような、あまり積極的でない意見が多くみられるような気がします。

しかし、最近になって「よもぎ」を使った新しいタイプの青汁が登場しました。
よもぎは大福やぜんざい・パン・アイスクリームなどさまざまなお菓子にも使われている植物ですが、
これを利用して青汁を作ることによって、
ケールや大麦若葉に比べ苦みが少なく香りはよく、非常に飲みやすい青汁になりました。

家の近くに自生しているから、よもぎ青汁を買うより自分で採って来てミキサーにかければ良いのでは?
と思う方もいるかもしれませんが、
よもぎ青汁は普段不足しがちな色々な野菜が入っている食品ですから、
栄養をバランスよく摂取できる点や青汁をつくる手間などを考えれば、購入した方が早いかと思います。

よもぎにはミネラルが多く含まれており、ビタミンAや食物繊維なども豊富です。
また、ヨモギは肝臓に効く植物でもあるため、
頻繁にお酒を飲むという方や飲み過ぎた翌日にも心強い味方になってくれることでしょう。

よもぎ青汁は、パンケーキやババロアなどお子さまのおやつにもなります。
さりげなく混ぜて上品な味のデザートにしてみたり、
あるいは牛乳に混ぜてちょっと和風テイストな飲み物にしてみたりと、
ケールの青汁などに比べてずっとアレンジがしやすい点も大きな魅力です。

今まで青汁に縁がなかったり、
なんとなくまずそうだから飲む前から諦めていたという方にも、
気軽な気持ちでぜひ一度試していただきたいと思います。

トップに戻る