メインイメージ

青汁の原材料に使われる野菜一覧

ここでは、青汁の原材料として使われることの多い野菜を一覧にして紹介しています。
それぞれの特徴や含有成分、味わいについても詳しく解説!
また、その野菜を原材料として使用しているおすすめ製品もピックアップしました!

ケール-Kale-

【元祖・青汁の原材料】とも言える野菜、ケール。
非常に強い苦みがあり、青汁=不味いというイメージを世間に浸透させた野菜です。
あの有名なCM、「まずい、もう一杯!」の製品もケールが原材料。
昔ながらの味わいで、飲みづらい…
それがケール青汁の特徴です。

その反面、栄養価は優れています。
食物繊維をはじめ、ビタミンやミネラルなどをバランス良く含有しているので、栄養の偏りを改善したい方には最適です。
最近では、ケールを原材料に使用しているにも関わらず、飲みやすい味の製品も登場しています。

しかし、それでもやはりケールは「ちょっと前に流行った野菜」。
今では飲み口・栄養価ともにケールより優秀な明日葉や大麦若葉といった野菜が登場しています。
ずばり、ケール青汁はオススメ度低めです。

よほどこだわりがある場合を除き、基本的にはケール青汁はオススメできません。
大麦若葉や明日葉を使った製品を選びましょう。

大麦若葉-Barley-

大麦若葉は、青汁の原材料としては一番オススメの野菜。
さっぱりとした味わいで苦みが少なく、非常に飲みやすいのが特徴です。

それでいて、栄養価は抜群!
食物繊維をはじめ、ビタミンCやビタミンE、β-カロテンなどがたっぷりと含まれています。
ミネラル類としては、亜鉛やカルシウムが豊富です。

SOD酵素という特有成分も含まれています。
SOD酵素は、美容や健康をしっかりサポートしてくれる栄養素として大きな注目を集めている優秀な成分です。

大麦若葉を主原材料として使用している青汁の中では、ふるさと青汁が特におすすめ。 味わいはサッパリとしていて、飲みやすいのが特徴です。

明日葉-Angelica keiskei-

明日葉は、日本原産の野菜。
八丈島に自生している栄養価満点の素材です。
ビタミン・ミネラルともに豊富に含有されていて、健康や美容にしっかりと役立ってくれます。

特に魅力的なのは特有成分のカルコン
カルコンは体内の老廃物を洗い流す働きが期待される成分です。
その為、ダイエットや浮腫みの解消に適していると言われています。

明日葉を主原材料として使用している製品の中では、ふるさと青汁がおすすめ。
八丈島産で無農薬・無化学肥料栽培された明日葉を丸ごと(根っこを含む)使用しています。
カルコンは根っこの部分に豊富に含まれるので、しっかりと栄養素を摂ることができます。

長命草

沖縄県で古くから長寿の源として愛されてきた野菜です。ビタミンやミネラルが豊富で血液サラサラを目指すのに適しています。ポリフェノールやカルシウムなどが豊富です。

桑の葉

ビタミンやミネラルを中心に、様々な栄養素がたっぷり含まれています。健康と美容の基本となるアミノ酸も豊富です。血糖値を抑えると言われているDNJ(R)も含まれています。

ユーグレナ

ミドリムシとも呼ばれる素材。植物性と動物性の二つの特徴を兼ね備えています。DHAやEPAなどの不飽和脂肪酸をはじめとする59種の栄養素を含みます。特有成分パラミロンにも注目!

トップに戻る