メインイメージ

海外でも人気の青汁

日本発祥の健康食品「青汁」は、
手軽に食物繊維やビタミンなどの栄養を摂取できるものとして、海外でもたいへん人気があります。
特にアメリカでは普段から油を多く使用した食品や、チーズ・肉・乳製品など
脂肪になりやすい食材が料理に使用されるため、必然的に野菜不足におちいりやすいのです。

アメリカではグリーンカクテルという名称で知られている青汁ですが、
なかでも有名なものは「プログリーンズ」という製品。
このプログリーンズは、草の味とか芝の味などと言われてはいますが、
主成分は大麦で無農薬のオーガニック原料から作られている本格的な青汁です。

ビタミンやカルシウムをはじめ30種類以上の栄養成分がぎゅっと詰め込んであり、
肥満対策や栄養補給のために医療現場にも置いてあるのだとか。
アメリカ人は苦いものやまずいものが日本人以上に苦手そうですが、
健康のために青汁を飲むという考え方は共通しているようですね。

同じくヨーロッパでもアメリカと同じように、
肥満対策のため青汁を飲む人はかなり多いようです。
「グリーンマグマ」という種類の青汁はドイツやイタリアなどヨーロッパ各国で発売されており、
こちらも多少の青臭さはあるようですが健康維持のために飲まれているようです。

また欧米では、スムージー専門店や天然食品のお店などで青汁が売られていることもあります。
ビジネスマンや学生さんなど、思いついたときにお店にふらりと寄って、
青汁を買い足したり飲んでいったりして健康に気を遣っているようですね。

ほかにも、アジア地域や北欧などにも青汁の輪は広がっています。
インドや中東地域では青汁の原料となる葉が調理に使用されることもあるそうで、
栄養価の高さが世界中で注目の的となっているようです。

輸入食品専門店ではすでに青汁を購入できるとの話もあり、
今まで青汁の存在を知らなかった色々な地域にも徐々に広まってきています。
世界中で青汁が飲まれるようになれば、海外への旅行や赴任ももっと便利になりそうですね。
こちらのサイトhttp://www.obamacrimes.info/の青汁の偽物に注意!の解説も参考になりますので、お勧めのサイトです。

トップに戻る