メインイメージ

美味しい青汁の見分け方

毎日の健康のため、野菜不足を補うために飲みたい「青汁」を購入しようと思ったら、
せっかくですから美味しく口にできる青汁が良いですよね。

おいしい青汁の選び方は、まずどんな原料が使われているか、
そして何かの原料と配合されているかどうかをみます。
ケールが主に使われている場合は一番青汁らしい味がすると思って良いですが、
大麦若葉や明日葉などの原料でも多少の渋さはあるということです。

それでも最近の青汁は、すべて飲みやすいように改良が進んでいますから、
良さそうだなと思ったものを選んでみるのも良いかもしれません。

次に、何かの原料と配合されているかどうかというポイントですが、
具体的には豆乳や牛乳などを使ってまろやかな味に改良されているか、
果汁や甘さをつけて飲みやすい味にされているかなど、
何らかの工夫がなされているかという意味です。

青汁の粉末だけ買っておいて後から自分でハチミツや砂糖を加えて飲むのも良いのですが、
最初から工夫がされていれば自分であれこれとアレンジする手間も少なくて良いですよね。

また、甘みや酸味など余計な味のする青汁は好きではない方もいるでしょう。
その場合は、お茶風味の青汁もまたおすすめです。
よく口コミで「お茶のようで飲みやすい」「食事にもよく合う」などと書かれている場合がありますが、
抹茶や緑茶が配合されているものは確かにお茶のような風味がして飲みやすいので、
朝起きてからの一杯や夜寝る前にも最適。
緑茶やウーロン茶の代わりに、お茶風味の青汁というのもまたおすすめです。

いかに栄養価が高いといっても、
ドロドロとしていて喉にひっかかったりあまりにも苦い場合、飲み続ける気が失せてきてしまうものです。

美味しいと思える青汁に出会うためには、
好みの味や喉ごしをよく検討したうえで、口コミやホームページの説明を参考にすると良いでしょう。
ドラッグストアへ行って直接商品を目で見てみるのも、選ぶうえで参考になりますのでおすすめです。
こちらの青汁比較ランキングに、大変興味深い解説が記載されています。

トップに戻る