メインイメージ

メリット・デメリット

「青汁に興味はあるけれどちょっと購入をためらっている」という方や、
「青汁なんてどれも同じだし効果がなさそう」と思っていたりしませんか?

青汁と一言で表現すればすべて同じですが、
メーカーや使用している野菜などによって青汁にはいろいろな違いがあります。
購入前にメリットとデメリットをしっかり比較して、これだと思う青汁と出会いたいものです。

まず、青汁そのもののメリットを簡単に考えてみると、
食物繊維をはじめ栄養素をしっかり吸収できる点があります。
栄養が不足してしまうと病気になったり体調不良になったり、
生活に支障が出ますから、ふだん野菜をあまり摂らないという人は青汁を携帯した方が良いでしょう。
今は豆乳仕立てになっていたり、果汁入りのもの、錠剤タイプなども発売されていますから、
味が嫌いという人にとっても非常に飲みやすく改良されています。

青汁のデメリットについては、
粉末タイプはいちいちシェーカーやスプーンで溶かさなければならないという点です。
既に液状になっている青汁であれば問題はありませんが、
飲みやすいように自分で牛乳を入れたり、お湯を沸かす手間なども発生します。

忙しくて青汁を作っている時間すらない方にとっては、
青汁を作ること自体が重荷に感じてしまうかもしれません。

味については、ケール以外にも明日葉や大麦若葉、
緑茶、抹茶、芋の葉などバラエティ豊かな素材が使われるようになりました。
栄養価についてはやはりケールが一番なのですが、
飲みやすさの観点からいくと他の原料のほうが魅力的かもしれません。

人によって美味しい・まずいの感じ方には違いがありますから、
ある程度苦いものだと割り切ったうえで青汁を購入する方が後悔も少なくて良いかと思います。

価格や味、原料、栄養価などを総合的に考えて検討してみると、
ある程度メーカーなどが絞られてくるのではないかと思います。
ぜひ、自分にとってこれだ!と思う青汁を探してみてはいかがでしょうか。

こちらのサイトでは、青汁のカロリーや副作用についてと飲む時間や注意点について解説されています。わかりやすいので、ぜひご覧ください。

トップに戻る